過去と現在を比較して職業を予想する

技術や時流が移り変わっていく中で、働くスタイルや職業のあり方も変わりつつあります。インターネットが普及するにともなって通信事業をはじめ、あらゆる職業が新しく生まれました。通信関係が便利になったことで、需要がなくなり、職業として成立しなくなったものがあります。例えば大企業やホテルなどには電話交換手という、電話窓口の受付のような職業が存在していました。最近では、スマートフォンや携帯電話を使うことが当たり前になって、電話交換手のような職務の人を介在する必要がなくなっています。また、つい十年くらい前は駅の改札で切符を切ることを仕事にしている駅員がいましたが、最近は自動改札機がその役割を担っています。古い職業がなくなり、新しい職業ができることは、時代の流れの中での必然です。減少傾向にある職業と比較して、増加傾向にあるのが物流関連、特にドライバーなどの職種は人手不足に陥るほどになっています。一方で、コンピューター処理が可能な事務の仕事は、これから先もますます人手を介さずにできるものが多くなっていくでしょう。また現在ではAIの開発が加速的に進んでいるので、これまで人間がしていた仕事を簡単に処理するようになると言われています。これから先、どのような仕事に従事するかを考えるには、職業の将来像について理解することが必要になります。今までの職業のあり方を知ることで、将来的に生き残っていく職業を見つけることが、仕事を探す時に大切なことになっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です